交野病院で脊髄脊椎疾患を専門に最先端のチーム医療を提供しています。
脊椎脊髄センター受診予約・お問い合せ TEL.072-891-2626  脊椎脊髄センター:メール相談窓口
ロボットスーツ「HAL」について

what’s「HAL」??

HAL®(Hybrid Assistive Limb®)は、
身体機能を改善・補助・拡張することができる、世界初※のサイボーグ型ロボットです。
身体にHAL®を装着することで、
「人」「機械」「情報」を融合させ、
身体の不自由な方をアシストしたり、いつもより大きなチカラを出したり、
さらに、脳・神経系への運動学習を促すシステムです。

※ WIPO(世界知的所有権機関)にて、本国際特許はNotable Inventionに認定されました。

01 THINK

まずは、「歩きたい」と考えること
人が身体を動かすとき、まずは脳でその動作を考えることからはじまります。「歩きたい」と考えることで、脳は神経を通して必要な信号を、その動作に必要な筋肉へ送り出していくのです。

02 SEND

信号を受け取り、筋肉が動く
健常者の身体では、脳から送られた信号を、それぞれの筋肉が受け取ることで、考えた動作に合わせて必要なチカラの分だけ筋肉を動かすことができます。

03 READ

信号を、HAL®が読み取る
脳から神経を通じて筋肉へ送られた信号は、非常に微弱な信号“生体電位信号”として、皮膚表面から漏れ出してきます。HAL®は独自に開発したセンサーを皮膚に貼り付けるだけで、
その“生体電位信号”を読み取ることができます。その他、さまざまな情報を組み合わせて、装着者がどのような動作をしたいと考えているのかを、HAL®は認識しているのです。

04 MOVE

思いどおりに、HAL®が動く
HAL®は認識した動作に合わせて、パワーユニットをコントロールします。
※それによって装着者の意思に沿った動きをアシストしたり、普段より大きなチカラを出すことが可能になります。
※HAL®は “生体電位信号”を検出し、人の思いどおりに動作する「サイバニック随意制御システム」と、“生体電位信号”を検出できなくても、人のような動作を実現す る「サイバニック自律制御システム」の2つを混在させることで、装着者の動作をアシストします。この技術こそがHAL®のベースとなる先進テクノロジーなのです。

05 FEEDBACK

脳が、動きを学習する
人の身体を動かすメカニズムは、筋肉を動かすだけにとどまりません。脳は実際に体が、どういう信号でどのように動作したか、確認を行います。
HAL®を用いて“歩く”という動作を適切にアシストしたとき、“歩けた!”という感覚のフィードバックが脳へ送られます。
これにより脳は“歩く”ために必要な信号の出し方を少しずつ学習することができるのです。これこそが、例えば足の不自由な方がHAL®なしでも歩くことができるための、「大事な一歩」につながっていくのです。
動作に対する正解を脳に教えてあげることのできる唯一のロボット、それがHAL®なのです。
(登録商標に関する注釈)[CYBERDYNE][ロボットスーツ][ロボットスーツHAL][HAL][Hybrid Assistive Limb]は、CYBERDYNE株式会社の登録商標です。