交野病院で脊髄脊椎疾患を専門に最先端のチーム医療を提供しています。
脊椎脊髄センター受診予約・お問い合せ TEL.072-891-2626  脊椎脊髄センター:メール相談窓口

リハビリについて

リハビリについて

「リハビリについて」

リハビリテーションは本来あるべき状態への回復という意味合いを持ち、障害された身体機能を訓練により回復させていきます。 そのお手伝いをするのが、リハビリ専門医、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリスタッフです。 脊椎の手術の後に重要になるリハビリとしては、筋力低下に対して行う筋力増強トレーニング、関節可動域増大を目的としたストレッチ、 歩行障害に対して行う歩行訓練があります。特に交野病院では、歩行障害をお持ちの方に対して、ロボットスーツHALによるリハビリを実施しています (詳しくはこちら)

ロボットスーツ「HAL」について
詳しくはこちら
ロボットスーツ「HAL」について
詳しくはこちら

様々な疾患により身体に不自由が認められる患者さんに対し、リハビリテーションを行っています。 できるだけ早期にリハビリを始めることは廃用症候群(筋肉を使わないことで機能が低下すること)や 深部静脈血栓症の予防だけでなく,脳神経の回復にも大切です。中でも歩行は生活に大きく影響するため、 歩行訓練はとても大切です。
 ロボットスーツHALとは主に下肢に装着し,筋肉より発生する生体電位信号をもとに歩行を介助する 医療用ロボットです。下肢の運動を助けながら下肢運動のトレーニングや歩行訓練を行います。 歩行のイメージを思い出し,筋力アップだけでなく,視覚的や感覚的な面からも歩行訓練に役立つと 言われています。この治療では従来の症状に合わせた歩行訓練と並行して、装具療法の一環として ロボットスーツHALを用いた下肢の訓練を行い,患者さんの歩行状態の改善を図るものです。