交野病院で脊髄脊椎疾患を専門に最先端のチーム医療を提供しています。
脊椎脊髄センター受診予約・お問い合せ TEL.072-891-2626  脊椎脊髄センター:メール相談窓口

手術治療について

手術治療について

「手術治療について」

さまざまな原因によって脊髄や神経が圧迫され、耐えがたい痛みや日常生活に支障をきたすようなしびれや麻痺があり、それらが保存的な治療で改善しない場合には、手術治療が行われます。

手術法のいろいろ

脊椎手術は、脊髄や神経への圧迫を解除する除圧術と脊椎の不安定性や変形を矯正する固定術の二つの手術法に大別されます。 病態や脊椎の部位に応じて手術法が決定されます。また腫瘍に対しては摘出術を行います。

除圧術
背骨の中には脊柱管と呼ばれる管が存在し、脊髄や神経は脊柱管の中を走っており、神経は椎間孔と呼ばれる小さな穴から背骨の外に出ます。 脊髄や神経は脊柱管あるいは椎間孔の中で、骨や靭帯や椎間板により圧迫されます。 その圧迫を解除するために、圧迫している骨や靭帯や椎間板を取り除いたり、一部の骨を移動させて脊柱管を拡大したりします。 頚椎では、後方から人工骨を骨の間に挟み込むことにより脊柱管を拡大する頚椎椎弓形成術と前方から椎間板を摘出する手術 (椎間板を摘出すると脊椎が不安定になるので固定するため頚椎前方固定術と呼ばれます)が主な手術です。腰椎では後方から骨や靭帯を取り除く 腰椎椎弓切除術、腰椎椎間板ヘルニアに対して後方から椎間板を取り除く腰椎椎間板摘出術や内視鏡下に椎間板を取り除く手術が一般的です。
固定術
脊椎が不安定であったり変形したりすると、それだけで痛みやシビレの原因となります。そのような場合、症状を改善する目的で固定術を行うことがあります。 固定には、前方から椎間板を除去して椎体と椎体の間にチタン製の金具を挿入して固定する方法と後方から椎体にスクリューを挿入しスクリューとスクリューを ロッドで締結して固定する方法に大別され、頚椎と腰椎どちらでも施行されます。
腫瘍摘出術
脊柱管内に腫瘍が発生すると、腫瘍により脊髄や神経が圧迫されていろいろな症状が発生します。 脊髄の髄内に発生する場合と脊髄の髄外に発生する腫瘍があり、多くの場合は良性腫瘍で比較的安全に摘出可能です。

脊椎への進入の方法

手術法により手術する部位への侵入方法が決定されます。

後方からの進入
背中側を切開して手術部位に到達する方法で、患者さんはうつ伏せの状態で手術をします。
一般の人であれば「脊椎を手術するなら背中から行うのが一番簡単」と考えるかもしれませんが、例えば椎間板を手術するときに背中側から進入していくと、必ず脊髄をよけたルートでなければ治療する部位に到達することができません。
ですから脊髄を傷つけないよう細心の注意と高度な技術が必要になります。
前方からの進入
同じ椎間板の手術でも、脊髄を避けて手術部位に到達するために、首や体の前面を切開し、頚椎であれば気管と食道を、腰椎であれば内臓をよけて脊椎まで進入する方法があります。
この場合は、内臓や太い血管を傷つけないように注意しなければなりません。
このように体の前面から進入する方法を前方進入法といいます。
この場合、患者さんは仰向けまたは横向きの体勢で手術をします。

術前からの準備

  • 服用している薬はすべて医師・看護師へ見せましょう。
    医師から処方された薬や市販薬など、すべて医師・看護師に見せましょう。
    薬によっては、麻酔や手術に影響を与えるものがあります。特に血をサラサラにするお薬は重要です。
  • かかりつけの医師に手術のことを伝えておきましょう。
    手術に向けて体調を整えておきましょう。
    風邪などひかないようにしましょう。また、筋力の維持につとめましょう。
  • タバコは控えましょう。
    手術の危険性を減らし、回復の度合いがより良くなります。手術1ヶ月前からの禁煙をおすすめいたします。
  • 入院時に持っていくものをそろえましょう。
    手術の危険性を減らし、回復の度合いがより良くなります。
「手術を受けたあとの自宅での生活」について考えましょう。
退院後に生活しやすいように生活様式を見直してみましょう。
必要なものは早めに準備しておくと良いでしょう。

手術後の自宅での生活(自宅の準備)

1. 頸椎の手術の場合

多くの場合、頸椎の手術後一週間は首を装具で固定します。退院時に装具を必要とすることは、ほとんどありませんが、それでも、しばらくの間は首の動きが制限されます。
そのためどうしても視野が狭くなり、少しの段差でもつまずいてしまうことがあります。
このような危険を避けるために、自宅を見直しましょう。

【足元の環境を整える】
床の上の小さな敷物などは、取り払うかピンなどでしっかり固定しましょう。
また、床を這うような電気のコードなどもテープで固定しておきましょう。
この他、玄関や部屋のわずかな段差を調整しておくと良いでしょう。
【階段に手すりをつける】
手すりのない階段は危険です。もしも手すりがない場合は、 この機会に設置することをお勧めします。
ベッドの使用が望ましいです。
術後しばらくは布団の上げ下げのないベッドの方がより楽でしょう。
最近ではレンタルベッドもあり、介護用品手やデパートの健康用品売り場などでも相談できます。

2. 腰椎の手術の場合

腰への負担を少なくするために、自宅を見直しましょう。

【トイレは洋式】
腰に負担がかからず、患者さん自身も安心して使用できるので、トイレは洋式が最適です。もしも、自宅が和式トイレの場合は、便器の上に置いて洋式と同じ姿勢がとれる便座を利用すると良いでしょう。介護用品店などで市販されています。
【ベッドの使用が望ましい】
布団から起き上がるよりも、ベッドでの寝起きの方が腰に負担がかからず楽でしょう。
最近ではレンタルベッドもあり、介護用品手やデパートの健康用品売り場などでも相談できます。
ベッドの硬さは、軟らかすぎず、病院のベッドと同じくらいの硬さが最適です。
簡単に寝返りができ、ベッドの縁に腰をかけても沈み込まないものが良いでしょう。高さは、あまり高くない方が便利です。
【畳の部屋にも椅子を一つ】
和室にも椅子を一つ置いておくと、疲れた時に簡単に休めるので大変便利です。
椅子は低すぎず高すぎないものを選びます。できれば背もたれのあるものが良いでしょう。

手術に伴う諸問題

麻酔に伴う合併症について

     脊椎手術のほとんどは全身麻酔で行われます。麻酔にともなう誤嚥性肺炎を防止するために手術前日の 夕食後より絶食となり手術2時間前より飲水禁止となります。麻酔は高血圧や糖尿病、肝疾患や腎疾患、 心疾患や脳疾患、肺疾患やアレルギーなどに少なからず影響を及ぼし、場合によっては悪化する可能性があります。 そのために術前に全身に異常がないかどうか検査を行います。また、全身麻酔では気管の中に管を挿入しますが、 それに伴い口唇や歯の損傷、咽頭痛や嗄声(声がかれること)、麻酔覚醒後の嘔気や嘔吐などが発生する可能性が少ないながらあります。

心疾患や糖尿病をお持ちの方

     心疾患の既往のあるかたや高齢者の方は心エコーの検査を追加します。HbA1cが7.5以上の糖尿病が有る方は、 手術2週間前からご入院いただき糖尿病の管理をおこなう必要があります。血をサラサラにするお薬を服用の方は、 薬の種類に応じて数日から最大2週間服用を中止していただく必要があります。中止が困難な場合には、 早めに入院していただき管理を行う必要があります。

深部静脈血栓症について

    深部静脈血栓症は、飛行機などで長時間足を動かさないでいると発症するエコノミークラス症候群(旅行血栓症)と同じものです。
    下肢の静脈に血の塊(血栓:けっせん)ができて血流が悪くなり、下肢がむくんだりふくらはぎが痛んだりします。
    この血栓が何かの拍子にはがれ、血流に乗って肺の血管をふさいでしまうのが肺塞栓症です。
    肺の血管がふさがると、呼吸困難や胸の痛みを感じるようになります。時に取り返しのつかない重篤な症状を引き起こす可能性があります。
    予防のために、手術中から術後にかけて、一定の時間をおいて下肢の血管を圧迫する装置を装着したり、あるいは血栓をできにくくする薬剤を投与したりします。
    また、弾性ストッキングを着用する場合もあります。
    患者さん自身でできる予防法としては、足首の曲げ伸ばし運動があります。

手術による合併症について

     脊椎手術では、少ないながら神経症状の悪化が発生する場合がありますが、多くの場合にはリハビリで改善します。
    頚椎椎弓形成術では腕が挙がりにくくなるような脱力症状や痺れ痛みなどの感覚障害が5%程度の頻度で発生することがありますが、 多くの場合は一時的です。また、後頚部の痛みは、ほぼ全例で発生しますが、1週間程度である程度改善します。
    しかしながら、姿勢が悪いと数ヶ月以上持続する場合もあります。頚椎前方固定術でも、 非常に少ない頻度で上下肢の脱力症状や痺れ痛みなどが発生することがありますが、多くの場合は一時的です。
    また、稀に飲み込みにくさやかすれ声が発生することがあります。腰椎の手術でも、 稀に下肢の脱力症状や痺れ痛みなどが発生することがあります。
     神経症状の悪化の他に、傷の問題で治療が長引いたり再手術が必要になったりする場合があります。
    一つ目は、手術部位に血がたまり脊髄や神経を圧迫するようになると、血の塊を除去するための再手術が 必要になる場合があります。術後数時間から数日以内に発生します。発生する頻度は約0.5%程度です。
    二つ目は、感染です。
    術後、抗生物質は手術翌日に1回点滴を行うことで終了しますが、 感染の兆候が認められた場合には抗生物質の投与を延長あるいは再開します。
    また、膿が形成され創部が腫脹したり離開したりする場合には、創部を洗浄するための再手術が必要になる場合があります。 再手術の頻度は約0.5%程度です。
    三つ目は、脳脊髄液の貯留です。
    手術中に、脊髄や神経を覆う膜(硬膜)が裂けることがあります。 その場合は、ヒトの血液からつくった糊でシールしますが、それでも硬膜の中を流れる脳脊髄液が漏れてくることがあります。
    多くの場合、自然に治まりますが、創部が腫脹してくる場合には再手術が必要になります。再手術の頻度は約0.5%程度です。

手術の流れ

外来にて
  1. 担当医より手術の必要性、内容、症状が改善する可能性、合併症について説明があります。
  2. 手術を安全に行うために全身の状態を調べます。
    • 血液と尿の検査
    • 心電図
    • 胸部レントゲン
    • 肺活量
    • 心エコーの検査(心疾患の既往のあるかたや高齢者の方)
  3. 入院の予約を行い、入院についての説明を受けます。
手術前日
  1. ほとんどの場合には手術の前日に入院します。
  2. 入院後は禁煙です。
  3. 手術担当医あるいは病棟主治医より、再度、手術の必要性、内容、症状が改善する可能性、合併症について説明があります。同意書にご記入いただきますので、家族の方に同席していただくことが望ましいです。
  4. 可能であれば入浴またはシャワー浴をして全身を清潔にします。
  5. 決められた時間以降、飲食ができなくなります。
  6. 眠れない場合には睡眠薬の服用も可能です。
手術当日
  1. 手術の準備が整うと、手術室へ移動します。午前の手術であれば9時30分、午後の手術ですと13時頃になります。
  2. 麻酔をかけます。全身麻酔をかけると、ただちに意識がなくなります。
  3. 手術が行われます。
  4. 手術が終了しますと、仰向けの状態で、目が覚めますが口には管が入ったままです。
  5. 意識が戻ったことが確認されますと、管が抜かれ麻酔が終了します。
手術後
  1. 手術直後から、医師や看護師が患者さんの状態を観察します。
  2. 尿が出てくる所に管が入っています。
    手術した部分に血液が貯まらないように、血液を排出するためのドレーンと呼ばれる管が入っています。
    深部静脈血栓症の予防のために、手術直後から弾性ストッキングまたは弾性包帯を着用します。さらに、足の血管を圧迫する特殊な器械を装着することがあります。
  3. 手術した部位の痛みに対して、注射や点滴で鎮痛剤を投与する場合があります。鎮痛剤を使用しても、多少の痛みを感じることもありますが、これは異常ではありませ。しかし、薬で痛みが軽減しない場合には、必ず医師・看護師に伝えましょう。
  4. 翌日までベッド上で安静の状態になります。
  5. ベッド上で、わからないことや不自由なことがある場合は、遠慮せずに ナースコールを押しましょう。
手術翌日
  1. レントゲンとCTで手術に問題がなかったかどうか確認します。また、採血により血液の状態に問題ないかどうか確認します。
  2. 問題なければ、ドレーンと呼ばれる管と、尿を出すための管を抜去します。
  3. 問題なければ、固定装具を装着してトイレに行っていただきます。
手術後1週間目
  1. レントゲンと採血で問題がないかどうか確認します。
  2. リハビリが必要なければ退院となります。
  3. リハビリの継続が必要であれば、回復期リハビリ病棟への転棟を検討します。
固定装具

手術方法や患者さんの状態により異なりますが、術後に固定装具を装着します。
装具には患部の動きを制限して安静を保ち、さらに補助的に脊椎を支持する役割があります。
使用する際は、医師や看護師、理学療法士等の指示に従って適切に着用するようにします。

頸椎の固定装具

  • フィラデルフィアカラーフィラデルフィアカラー
  • ハローベストハローベスト
  • ソフトカラーソフトカラー

腰椎の固定装具

  • 硬性コルセット硬性コルセット
  • ダーメンコルセット(軟性コルセット)ダーメンコルセット(軟性コルセット)

術後リハビリテーション

手術翌日よりリハビリテーションが開始されます。必要に応じて回復期リハビリ病棟へ移動していただきます。